スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

赤色のレーザー光線で洋画等で見た事があると思います

会議や講演会などで黒板を指したりにも使いますし、
建築現場では、直線の基準に使ったりもします。
緑レーザーポインターそのものは、レーザーポインターも
銃のレーザーサイトも構造は大差ありません。

人や動物に照射したり、夜間にヘリコプターに向かって照射する輩がいたりだとか。
レーザーポインターなんてプレゼンぐらいでしか一般の人は使わないはずです。そこまで出力の高いものは必要ないかと。

少し前ヘリにレーザーポインターを当てた人が公務執行妨害で逮捕されたことがありますよね。それほど危険なものなんです。
質問者様は回避することが出来ましたが仮に当てっていたら失明する可能性も十分ありました。

レーザー光線は目に入る時間が長いと視力障害やレーザー光線を近くで見ていると頭痛、吐き気が起こります。演出では一定の場所にレーザー光線が止まらないように動いていると思います。レーザー光線は緑色だけでなく他の色もあります。ライフルスコープから狙った敵の身体に赤色の点が映るのは赤色のレーザー光線で洋画等で見た事があると思います。企業のプレゼンでホワイトボードや暗い室内でプロジェクターを使用する時に赤色のレーザーポインター をよく使用されると思います。

このled付きレーザーポインター光が光ファイバーと結合するときの結合損失(減衰量)はb[dB]である。また、光ファイバーの単位長あたりの伝送損失はc[dB/km]、光ファイバーの長さはL[km]である。

星レーザーポインターは他の色と違い、構造が複雑なので大体どれも熱に影響されやすいです。
その上、グリーンレーザーの仕組み上熱を発生しやすく少し長く点けていると、これはこれで出力が落ちたり部品が溶けたりします。

レーザーポインター建築

http://kaishi0327.cloud-line.com/blog/

http://edavio.com/zjiayou0811/p/125241254012470125402442721051272311239812524125401247012540/